転職理由としてどのようなものが良いのか

転職理由としてどのようなものが良いのかと言えば、まず、転職を希望する本当の理由を検討してください。直接告げるという訳でもないため、率直に、書きだしてみましょう。そうしたら、それらが否定的な印象とならないように表現の仕方を変えてみましょう。
長い転職理由だと言い訳だと誤解されかねないので、簡潔にするようにしましょう。

転職する理由は、書類選考、また、面接において非常に重要視されます。相手に理解してもらう理由でない場合評価が下がります。

ところが、転職する理由を聞かれてもどう答えたらいいかわからない人も多いと思います。ほとんどの人が履歴書を書く際や、面接の際に、この転職理由のために苦労します。
労働時間が長いという理由で辞職した場合は「生産性重視の仕事を希望しています」、仕事にやりがいを感じられずに辞めた場合は「新しい環境でさらに自らを成長させたい」と変えるとイメージが悪くなりません。ネガティブな転職理由も違った表現で、ポジティブなものに変わります。履歴書に記載するときには、150文字~200文字あたりが理想です。どのような転職理由が好印象かというと、最初に、どうして転職しようと考えたのかを頭に浮かべてください。

そのままの表現で伝える訳ではないので、素直にノートに書きましょう。

そして、それをマイナスの印象にならないように言い回しをかえてみてください。
長い転職理由は自己弁護しているように受け取られるので、簡潔に書きましょう。転職活動は辞職前から行い、転職する先がはっきりしてから辞職するのが理想です。

退職後は、時間が自由ですし、すぐにでも働き始めることができますが、転職する先がなかなか決まらない可能性もあります。
無職の期間が半年以上になると、さらに就職先が決まりづらくなりますから、転職先のことを考えずに今の仕事を退職しないようにしましょう。

Prev